2012年12月16日

Google ペナルティ その後

11月28日から突然アクセス数が激減していた原因については、やっぱりよくわかりんません。
検索順位を見るとほとんど3ケタ、4ケタ台に追いやられているし、様子を見ていても戻らないので、Googleにペナルティを食らっているのかしらと思い、Googleへ再登録のリクエストを送ったりしてみました。
そうしたら、3日くらいしてGoogleからお返事が来たのですが、

「We received a request from a site owner to reconsider http://tsunousagi.seesaa.net/ for compliance with Google's Webmaster Guidelines.」


というメッセージが送られてきました。

・・・これって、Googleさんは何もしていないってこと?
そう、Googleペナルティではなくて、単純に検索順位が落ちていたんです…orz

実は、ペナルティを食らったり削除をされていたりするのはとても珍しい事らしいんですね。
とても分かりやすくまとめてくださっている記事を見つけたのでリンクを貼っておきます。
「他人の日記を見るのか? ver.BLOG」Googleでの検索順位が一気に落ちる原因

なるほど、このブログぐらいだったらあの3桁の掲載順位くらいが妥当だったのかもしれません。

とはいえ、一方、Googleからリクエストのお返事をいただいた後は、またぼちぼちと検索サイトから見てくださる方が増えてきているようです。Googleアナリスティックを見ると、以前もよくアクセスしてもらえていたキーワードの掲載順位が、とりあえず2桁以内に戻ってきてるみたい……

結局なんだったんだろうか? よくわからないままなのですが、

検索結果が激しく悪くなったのに思い当たる理由がない場合は、
とりあえず、Googleに再登録のリクエストを送って見るのがいいのかも?


最も一番大切なのは、しっかり更新をする事のような気もしますが^^;
ラベル:モヤモヤ
posted by 都野兎 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

Deals広告をきちんと削除!勝手に表示される広告の表示・非表示をカスタマイズする方法

Seesaaブログについているアクセス解析を見ていたら、ダントツで2012年10月09日「変な広告が出るんです!(;д;) ChromeでDeals広告を非表示にする方法」の記事にアクセスが集中していることがわかりました。
たくさんの方がDealsやBabylonの広告で困っているんですね…私も本当にイヤだったものなあ…
「Deals」「広告」「削除」で検索してみると、いろいろな記事が見つかるんですが、これだ!ッ手解決策が書いてあるところはなかなか見つからなくて苦労しました。
「スタートメニュー」の「プログラムの削除」でできたっていう方もいらっしゃいましたけど、windows xpだとそんなものはどこにも表示されないんですよね…orz
簡単に対応できる(らしい)windows7うらやましい…

しかし、最初は「とりあえず非表示!」という対処しかできませんでしたが、後日ちゃんとアドウェア自体を削除することに成功しています。
ただし、広告を単純に非表示にするだけでいいのかという部分については、色々と考えさせられるところもあいりましたので、もう一度Chromeで広告を表示しない方法についてまとめてみることにしました。



広告の表示をカスタマイズする方法については、
1)ほとんどの広告をまとめて非表示にする
2)不要な広告のみを非表示にする

の2通りが考えられます。

そして、2)不要な広告のみを非表示にする方法については、さらに
(A)アドウェアで表示される広告のみを非表示にする方法
(B)広告の表示を細かくカスタマイズする方法

の2通りの対処が可能です。

それぞれに利点、問題点がありますので、少しまとめてみようと思います。



1)ほとんどの広告をまとめて非表示にする方法

拡張機能Adblock Plus+ABP Japanese filtersを使います。
⇒詳細:2012年10月09日変な広告が出るんです!(;д;) ChromeでDeals広告を非表示にする方法


この方法では、Deals!広告などの一部のうざったい広告だけでなく、ほぼ全ての広告が見えなくなります。

《いいところ》
・簡単な手順で対処できます。
・画面がスッキリして清々しい気分になれます!
・余計なパーツを読みこないため、表示速度が上ります!

《困るかもしれないところ》
・ブログパーツなどが表示できない可能性が高いです。
 ※Seesaaブログでは、「ニコッとタウン」の広告を兼ねているため、アバターが表示されなくなりました。
・楽天などの行動ターゲティング広告も全て表示されなくなってしまうので、もしかしたら広告によって偶然欲しい物を見つけられたかもしれない可能性がなくなります。
・アフィリエイトなどをしている方には、自分の掲載した広告も見えなくなってしまいます。


2)不要な広告のみを非表示にする方法

(A)アドウェアで表示される広告について非表示にする方法
この方法は、不正にインストールされたアドウェア・マルウェアを削除することで、それらが勝手に表示をしていた広告を非表示にすることができます。
無料サイトが収入源としているような、通常の広告は表示されますので、ブログパーツなどもしっかり表示されます。
このサイトでは、Malwarebytes Anti-Malwareを使用して対処しました。
⇒詳細:普通のウィルス対策じゃわからない? スパイウェア・マルウェアを削除してDeals広告を消そう!


《いいところ》
・簡単な手順で対処できます。
・トロイの木馬などの怪しいウィルス、マルウェア、スパイウェアが一掃できます。

《困るかもしれないところ》
・表示される広告の種類は自分で選べません。無料ブログなどでデフォルトで入っている広告については、従来どおり表示されてしまうので、見たくない広告も表示される可能性が1ります。


(B)表示される広告の種類をカスタマイズする方法
拡張機能Adblock Plus+ABP Japanese filtersを使います。
Adblock Plusの広告表示を制御しているABP Japanese filtersの中身を変更し、必要な広告は表示するように変更します。

《いいところ》
・見たくない広告だけを非表示にできます。
・ブログパーツなど、必要なものはしっかり表示できます。

《困るかもしれないところ》
・フィルタを自分で書き換えなければいけないため、書き換えるための知識が要ります。


フィルタの中身を変更する方法は、私のような初心者には少し複雑に思えます。
詳しく解説されているサイトさんがあるのでご案内いたします。
⇒参考:Muses Factory様「Adblock Plus フィルタ」



Deals!などの勝手に表示される広告を含む広告の処理については、いろいろな方法があるようです。
広告は表示させたいのか、どんな広告を表示させるのか…
使う方の趣向や目的、スキルに合わせた方法を選んでください。

尚、Fire foxで広告をまとめて非表示にしたい場合は、Firefoxのアドオンにも同じものがあります。
 ・Fire foxアドオン:Adblock Plus→DLはこちら
 ・Adblock Plus の日本用フィルタ (ABP Japanese filters)→DLはこちら
  ※ABP Japanese filtersはFire fox、Google chrome共通です。
posted by 都野兎 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

今日のGoogleかわいすぎる!「夢の国のリトルニモ」のアニメになってる!

今日のGoogle検索のロゴデザインはアメリカのコミック「夢の国のリトルニモ」が元になっているそうです。
Google2012年10月15日

パタンパタンと横にコマを進めていくと、一番右端のコマでストーン!って落ちて次の場面へつながるの!
どんな風になっているんだろうと少し調べたら、ちゃんと普通のアニメみたいに背景の上にキャラクターの描かれたレイヤーを重ねて、一コマずつ描写してるみたいです。

Google2012年10月15日の背景例
↑これの上に

Google2012年10月15日の動画部分例
↑これが乗せてあって、ひつようなところだけを表示してるっぽい。


すごい!
かわいくてスゴイ!!

FLASH使ってなくてもこんな風にできるんだったら、もうiPhoneとかiPadとか全然OKやないの!?と思ってiPadから見に行ったら・・・…

でもやっぱり見れないiPad!www


案の定表示されませんでしたorz
林檎〜〜〜〜〜〜!!!!(笑)


続きを読む
ラベル:覚え書き
posted by 都野兎 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPhoneのメールが送れなくなった理由って?

私はiPhone4にsoftbankのメールとGmail、それに独自ドメインのメールを入れて使っています。
この独自ドメインのメールが、先週木曜日からずっと送信できないという事態に陥っていました。
受信はできるのとPCからならそのメアドで送信できているので、余り危機感もなくそのまま放置していたのですが、先ほど偶然迷惑メールについて調べていたら、こんなサイト〜iPhoneのメール(@i.softbank.jp)が突然送信だけできなくなった場合の対処法〜にたどり着いたので、ちょっと調べてみることにしました。

この方の場合は、ご自信に覚えがないのだけれど「「送信メールサーバ(smtp.softbank.jp)」の設定が「オフ」になっていた」のが原因だったそうです。
なので、私も、全く覚えはなかったのですが、SMTPを確認しに行ってみた。
けど、ちゃんとあってるや〜〜〜〜〜〜ん!
私の送れないメアドの設定は、ちゃんとしっかりできているようなんです…どういうこと?!

やっぱこのドメイン「.info」だからSPAMだと判断されちゃうのかしら…
年間199円とか激安!なんて言葉に踊らされた私がバカだったのかしら…

などと悩みつつ、とりあえずなんの気なしにひとつずつメアドの設定を確認していきました。

ら、

GmailのSMTP設定がなぜかなくなってる…!

オカシイ。私も覚えがない!

それで、GmailにちゃんとSMTP設定を入れてあげたら、なぜか送れるようになった.infoメール…

わからん!!

でも送れるみたいだからいいやわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
ラベル:iPhone
posted by 都野兎 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

普通のウィルス対策じゃわからない? スパイウェア・マルウェアを削除してDeals広告を消そう!

先日は、AmazonでDeals広告を出したりwikiからどっかへ飛ばしてくれたりと大暴れしてくれたPUP.wxDfast
ウィルスバスターではスキャンしても全くチェックしてもらえず、ましてや削除もしてもらえませんでした。
ウィルスバスターではマルウェア、スパイウェアが見つかりませんでした

以前の記事:Deals広告との格闘についてはこちら→
以前の記事:PUP.wxDfastについての苦悩はこちら→


ウィルスバスターって、実はスパイウェアマルウェアが苦手なのかも知れない・・・もうやだ〜(悲しい顔)
というのも、ウィルスバスターのマルウェア対策というのは、どうやらマルウェア本体に対してどうするというわけではなく、危険がありそうなサイトにアクセスさせないという予防の方に力を入れているかららしいのです。
しかしいくら予防していても、その隙を縫って入ってくるからこそウィルスなわけで…
感染してしまったものについてはスルーというのでは、私みたいな素人にはとても不安でたまりません。

変だと思ったらすぐに対処を!
PCの動作がおかしいと思ったら、ウィルス対策ソフトで何も異常が検出されなくても大丈夫と油断せず、別のツールでも確かめてみるのが必要なのかもしれません。

今回はマルウェア駆除ツールとして有名なMalwarebytes Anti-Malwareを使ってPUP.wxDfastの駆除をした手順をご報告します。

Malwarebytesのインストール、使用方法については、『ネットセキュリティブログ』さんの「Malwarebytes Anti-Malwareの使い方について(改訂版)」のページを参考にさせていただきました。

Malwarebytesのインストールの仕方と使い方

【1】まずはこちらからMalwarebytesを入手してください。DLはこちらから

【2】セットアップを開始します。手順に従って「次へ」をクリックして進めてます。

Malwarebytesインストール手順1
※セットアップツールでは普通に日本語を利用できますが、現在「Malwarebytes」は日本語に対応していないようで、実際に稼動させると一部文字化けを起こします。
私は憤っていたので、そのまま作業を進めてしまいましたが、ちゃんと設定で直せるようになっているので後でご説明します。


Malwarebytesインストール手順2

Malwarebytesインストール手順3
選択肢があるものについては、使われる環境などを考えて選択してください。

Malwarebytesインストール手順4
インストール終了画面です。「アップデートをする」「実行する」にチェックを入れて完了させてください。
参考にさせていただいた『ネットセキュリティブログ』さんの記事では、こちらの画面に「体験版としてインストールするかどうか」を選択する項目があるようですが、現在(2012.10.13)のものにはそちらの項目はありません。
基本的に体験版としてプログラムに常駐するのが前提になっているようです。

Malwarebytesインストール手順5
自動的にアップデートが始まり、最新のバージョンにアップデートされます。

【3】Malwarebytesの設定を変更します。
Malwarebytesインストール手順6
インストール直後の画面。
メニュー以外は文字化けしていますわーい(嬉しい顔)
たらーっ(汗)

Malwarebytesインストール手順7
ツールバーから「設定」のタブを開き、使用言語その他の設定をしてください。

Malwarebytesインストール手順8
続けて他の項目を変更していきます。
「スキャン設定」は特に変更をしなくて大丈夫だと思います。

Malwarebytesインストール手順9
mb_set4.jpg
「アップデート設定」「スケジュール設定」も変更しなくていいように思います。
私は常時使用の予定はありませんので、なんとなく「アップデート設定」をしないようにしました。
「スケジュール設定」も、同じように「1度だけ」に変更しましたが、勝手に常駐して動いてくれてしまうようなので、気になる方はスキャン・削除の処理が終わったら素直にアンインストールしていただいた方がいいと思います。

Malwarebytesインストール手順10
ツールバーの「リアルタイムの保護」を開き、リアルタイム保護をしないように設定しました。
ついでに全てのチェックを外しておきました。

これで設定はひとまず完了です。

【4】PCをスキャンします。

Malwarebytesスキャン開始
適宜チェックして「スキャン開始」を押します。
とりあえず「クイックスキャン」でいいと思います。
私は最初とにかく焦っていたので「フルスキャン」を掛けてしまったのですが、かるく7時間くらいかかってしまいました(^^;)

Malwarebytesスキャン終了〜マルウェアが表示されました
見つかった問題が表示されるので、全てにチェックを入れ「選択されたアイテムを削除」を押します。
※画像は、最初に焦って使用していたときのものなので、日本語表示の設定をしていないため一部が文字化けしています。すいません…

これで完了です!
Malwarebytes再スキャン〜怪しいデータはなくなりました
再スキャンをかけてみましたが、怪しいデータは一掃されました!


とても簡単でした!るんるん

尚、Malwarebytesは、万が一必要なものを誤って削除してしまった場合でも「検疫」のタブから隔離してあるデータを使って復活する事ができますので、安心です。
Malwarebytesでは「検疫」から誤って削除したものを復活できます
posted by 都野兎 at 14:45| Comment(6) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。