2012年12月16日

「ワイルド7」と「スマグラー」〜コミック原作の映画って難しい。

番宣のバイクがトレーラーからバーン!って飛び出すところと、瑛太くんの横顔がナカナカいかしてたので、結構ワクワクしながら「ワイルド7」を見ることにしました。
映画公開時、「ハリウッドに負けない大迫力のアクション映画」みたいなことを言われていたりしたこともあり、小さい頃原作が好きだった私はかな〜りこの映画が気になっていたのですが・・・

ぶっちゃけ結論から言っちゃうと「見なくてもよかった」

故・淀川長治さんに敬意を表し、「どんな映画も絶対悪口を言わない」と行きたいところなんですが、申し訳ないけどあれはどうなのかなあ・・・?という感想しか残りませんでした。

最近のマンガ元ネタ映画って、余りにも原作の構図台詞丸々っとそのままで、あれはあれで「じゃあなんで映画化すんねん?」と激しく疑問なんですが、かといってこの映画みたいに「何でそうなるの!」的に端折られたら、やっぱり「改悪すんなしwww」と思わずにはいられなかったので、「なるほど仕方ないのかも」と考えてしまい、今ちょっと何かに負けた気分です(笑)

私は基本的はかように「原作のまま全く相違なく作りなさいよ!」というのが大嫌いなわけですが、かといって「おい、誰やねん!」というくらいにキャラクターに名前まで変わられてしまうと、なんだか腹立たしいと思うことがこの映画を見て初めてわかりました(笑)
いいのよ?リアル路線の世界観なのにマンガの外見そのもので出てこられたりしても大概困るから、そういうのは現実の役者さん主体で解釈してもらうんで構わないの。
でもね、見た目のインパクトがすごい知らない人に出て来られても、さすがにそれは困るのよ。誰だよお前帰れよ!ってうっかり思っちゃったりするじゃないですか・・・。

つけくわえて、この映画、なんと言ってもお話もアレだったんです・・・。
元々原作が基本的に1話完結のシリーズものという事もあるのでしょうが、いくら100分作らなくちゃって言ったって、とりあえず継接ぎして長く伸ばしとけばいいってんじゃグダグダすぎじゃないの?
大まかに言うと、「謎の女ユキ篇」「細菌テロ篇」「黒幕篇」って3つの話が詰め込まれてるんですが、シチュエーションとしてはありがちだし、それ以前に出てくる人が増えてくだけで、誰もキャラクターが立ってないって感じなので、全然思い入れができないまま映画が終わるっていう印象でした。
だいたいなんで態々現代の話にしなくちゃいけなかったのかが全く分からない。
あの原作のバタ臭さを考えたら、簡単に現代に持ってくるのが如何に難しいか気づきそうなもんなのに…
原作の男臭さ含めかっこよさ激しく半減です。

それになんといっても、バイクのかっこよさが全く伝わらないバイクアクション映画とかって本とどうなのかなあ???って感じ!!

スポンサーサイドの問題なのか全員国産バイクに乗ってるっていうのはしょうがないとして、それでもとりあえず全員それなりのバイクに乗ってるんですが、この映画の売りになってるアクションシーンてやつ、ヨリとかアオリの絵がほとんどないのね。
全員、画面の中をただ走り回ってるの。どういう風に走ってるよっていうのはよくわかるんだけど、ほんとうにそれだけ。すごく単調なアングルで、その上スピード感がないもんだから、びっくりするほど退屈でバイクが全然かっこよくない。今時レースの中継だってこんな長回ししねえよってくらいに退屈。遠景ばっかで全員色違いの同じバイクに乗ってるみたいに見える。もちろん誰が誰だかなんてほぼわからない(例外的にパイロウだけサイドカーだからわかるよって感じ)。

これはもう「ワイルド7」としてものすごくだめなんじゃないの?
バイクがかっこよくない「ワイルド7」とか全くダメなんじゃないの??

久しぶりにがっかりしたわー。
見終わった後、怒る気にすらならない程度に、脱力してました。

で、今日は昼間に同じWOWOWで「スマグラー」もやってるので見ていたんですね。
というか、「スマグラー」映画も十分原作とは違うっていうところがたくさんあるんですが、こちらは対照的にすごく面白い!
「スマグラー」は原作と同じく見る人を激しく選ぶと思うし、映画としてどうのって聞かれたら、「すごくよく出来ています!」とか決して言わない映画なんですが、でもやってたら見ちゃうくらい。実際もう4回見てるんです(^^;
原作は全1巻だから映画化するにはちょうどよい分量なのかもしれないということを差し引いても、やっぱり原作をしっかり消化しているように思えます。映画にするに当たって原作を改変したのは同じでも、こちらはちゃんと監督が自分の作品に作り変えているという感じ。もっともその作り変えた後のものが好きか嫌いかはまた別の話になってきますけどね。
世界観が違うとか、キャラクターが改変されているとか色々感想はあると思いますが、「スマグラー」映画については、あらすじがとてもわかりやすくまとまっているという点はもちろん、一部で評価の高い高島兄の怪演ぶりが素晴らしいとか、妻夫木くん演じる砧がどんどん愛しくなるとか、ラスト討ち入り前の小日向さんかわいいとか、そういう事も含めて、役者さんたちの演技の素晴らしさはもちろん、群像劇にも関わらずキャラクターが全員立っているっていうのがすごい。
ここら辺のキャラクターの描かれ方の丁寧さ、適切さは、本当に申し訳ないけど「ワイルド7」とは対照的だと思います。

監督・脚本家の力量の差とか、原作のタイプが違うとか、予算だのなんだのって色々あるのかもしれませんが、原作がコミックの場合は、映画と同じ総合芸術同士だからこそどこの切り口で変換するのかが難しいのかもしれないけれど、それにしても、脚本も演出も絵作りもダメって思った映画は久しぶりでした。
「ワイルド7」の監督さんと脚本家さんは、どうやら人情話の方が得意そうみたいだから、それなら素直に「謎の女ユキ篇」だけに絞って、ユキちゃんの過去と今、そしてワイルド7の出会いとこれからみたいのを丁寧に描くんでよかったんじゃないかしら。無理してアクションシーンをたくさん盛り込もうとか、エピソードテンコ盛りにしようとか、そんな必要どこにもなかったように思います。

さて、「ワイルド7」を見ている間中、うちの夫は「俺だったらBGMはあの頃の暑苦しいロックを掛けるんだけどね」と言っていましたが、確かに「海猿」みたいなドラマティックな音響は「ワイルド7」のキャラクターには似合わないと思います。
「スマグラー」映画はラストシーンのさわやかな画面から切り替わって、ビートモーターズの「ばら色の世界」が流れ始めると「わああああ!」ってなるもんなあ…
原作コミック映画では「ピンポン」のスーパーカーもヤバイくらいにスゴイっていつも思うもんなあ…

結局、コミックスの映画化に限らず、原作にどれくらい敬意と愛を捧げられるかで原作付き映画の良し悪しは決まるのかもしれないと思った冬の夜でした。
タグ:マンガ
posted by 都野兎 at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

ジブリ新作、2作一挙公開!宮崎駿監督の描くゼロ戦開発者・堀越二郎さんのお話

スタジオジブリの新作映画が発表になりました。
なんと、今回は2作同時発表。宮崎駿監督の新作と高畑勲監督の新作を、2013年同日公開するとのことです。豪華すぎ!黒ハート

高畑監督の『かぐや姫の物語』は、日本人なら誰もが知っている「竹取物語」を題材にしたもの。
『ホーホケキョ となりの山田くん』以来14年ぶりの新作で、8年をかけて作り上げられた映画とのこと。鈴木プロデューサーは、「『アルプスの少女ハイジ』の日本版」のような作品になると仰っていたそうです。
高畑監督が原案も脚本も担当し、製作は『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』の故・氏家齋一郎さんとのこと。どちらも素敵な日本を描いてくださるのがとても上手なので、居心地のいいでもどこか考えさせてくれる深い映画になるに違いありません。
それになんといっても、高畑監督の描かれる女の子はとても強いのにでもとってもおちゃめでどことなくまろやか、私が思う日本撫子っていうやつだっていつも思うんです。今回はましてや「かぐや姫」だもの…すごく楽しみです!

一方、宮崎監督の新作『風立ちぬ』は、ゼロ戦開発者・堀越二郎さんをモデルに宮崎監督自身が原作を書かれているもの。
…って、これ、模型誌の「月刊モデルグラフィックス」に連載してた豚さんの漫画ですよね?!
夫が買っているのを毎月読んでいたの!あれ、確か単行本になってないんですよね…
内容は戦争がどうのというより、開発者としての堀越さんの日常が細やかに書かれている印象でした。それと素敵な女の子との恋愛話が描かれます。このヒロインの女の子がすごくカワイイ!正統派ジブリヒロインっていう感じ。
モデグラの連載では、主人公の2人〜堀越さんとその恋人は、どちらもキリっとして線が真っ直ぐでとても気持ちいい人物に描かれていてとてもさわやかな読後感のある素敵な作品でした。
ところで、今回は紹介されませんでしたが、主人公とその上司たちはやっぱり豚さんなのかしら…
読んでいるうちに豚さんがカッコよく見えてくるという『紅の豚』現象がまた繰り返されるのでしょうか?

音楽は、久石譲さん。主題歌にはユーミンの「ひこうき雲」が決定したみたいです。
黄金のラインナップってやつですね!
…でも、あのマンガだったら、主題歌はSHI-SHONENの「憧れのヒコーキ時代」がよかったなあ……
posted by 都野兎 at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

ぬいぐるみは数量限定生産?!※2013年4月18日現在入手可!!〜フランケンウィニーのグッズ〜 

アメリカ版劇場オリジナルポスター★『フランケンウィニー』/ティム・バートン監督

ディズニーの新作3Dアニメ『フランケンウィニー』(監督:ティム・バートン)
12月15日公開に合わせ、フィギュアなどのグッズを集めてみました!

UDF VICTOR & SPARKY
UDF VICTOR & SPARKY
スパーキーったらヌケ作カワイイ…こういう犬いる!(笑)
主人公ヴィクターとスパーキーの2体がセットになったフィギュアです。
サイズはヴィクターが全高約16cm、スパーキーが全高約5cm。リカちゃんサイズですね^^
ヴィクターは差し替え用の腕や手、シャベルが付属しているので、シャベルを持った姿も再現可能になっています。


フランケンウィニーコレクターパック.1

フランケンウィニーコレクターパック.2
これはベースをパチンと連結して、くっつけて飾れるタイプのミニフィギュア。
いかにもコレクションっていう感じが嬉しいですよね!1つずつでも飾れます。
2体ずつ入ったバラ売りもあり!
ヴェクター&アフターライフスパーキー
スパーキー&ベルセホネ
エドガー&ワーラット



icon
icon
フランケンウィニー ヴィクター&スパーキー PVCジオラマフィギュア (塗装済み完成品)
icon
ヴィクターとスパーキーの感動の再会シーンを再現したジオラマフィギュアも登場!
2人の深〜い絆が感じられますよね。もちろん映画どおりのモノクローム仕様です(笑)
さらにこのフィギュアにはちょっとしたギミックがついているんです…
グロ微笑ましい映画のシーンをそのまま再現できるギミックは、是非映画をご覧になってから楽しんでくださいね!

キャラクターのかわいらしさ(?)を満喫(??)できるぬいぐるみもあるみたい。

Frankenweenie After-Life Sparky Plush フランケンウィニー スパーキー プラッシュ 米国正規公式ライセンス品

フランケンウィニー PERSEPHONE プラッシュ(ぬいぐるみ)[メディコム・トイ]
>>【あみあみで購入はこちらから】
>>【amazonで購入はこちらから】

フランケンウィニー Mr.ウィスカーズ プラッシュ(ぬいぐるみ)[メディコム・トイ]
モチモチ、ふかふか、ふわっふわ!
それぞれのキャラクターにぴったりに質感も嬉しくなりそうです。
でも、こちらはメーカーの都合で数量限定になる可能性も…?!
急いでゲットしなくちゃ!

最後は来年1月発売の大本命!
フランケンウィニー スパーキー ボビングヘッド (塗装済み完成品)
フランケンウィニー スパーキー ボビングヘッド (塗装済み完成品)
スパーキーの頭がゆらゆら揺れるフィギュアです!
高さ17cmと存在感ある大きさと、白黒にグリーンの差色がおしゃれな色使いでこれはすごく欲しいと思いました!ビクター犬と並べて飾りたい!!
※2013年4月18日現在、購入可能なものは確認できませんでした。

映画そのままのモノクロームの色使いがちょっぴりオシャレ(?)なフランケンウィニーグッズ。
ティム・バートン関連のグッズはコレクターが多いので、早めに手に入れたいと思います^^







ナイトメアー・ビフォア・クリスマス コレクターズ・エディション(デジタルリマスター版) [Blu-ray]

★幻の短編映画『フランケンウィニー』収録★
Blu-rayリマスター版でますます色鮮やかになって、
月のシーンのきれいさが半端ないって言う噂…見たい!
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス
コレクターズ・エディション(デジタルリマスター版) [Blu-ray]

タグ:おもちゃ
posted by 都野兎 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

『フランケン・ウィニー』が長編化されていたようです

ティム・バートンの短編映画『フランケン・ウィニー』がいつの間にか3D化して、長編化されていたんですね。
で、12月15日から日本でも公開されるそうです。

フランケンウィニー2012年公開映画公式ページはこちら⇒

以前『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』の同時上映になっていて映画館で見た覚えがあります。
主人公のヴィクターくんが、学校で見た理科実験を参考にして、交通事故で死んじゃった愛犬スパーキーを蘇らせたために大騒動…というお話です。微妙にグロくてカワイイいつものティム・バートンのキャラクターたちが、表情豊かに動き回るモノクロ映画でした。

愛犬スパーキーくんがゾンビ犬に似つかわしくない情けないとても切な愛しいキャラクターで、住民の迫害にあったりするととても切なくなりました。
このあたりは、バートン監督の後の作品『シザー・ハンズ』にも丸々っと引用されているように思います。
バートン作品は、いつも個性が認められないことの切なさみたいなものがただよっているように思います。理解されない変わり者が最終的には世界と折り合いつけて幸せになるっていう展開が多いですよね。
自分が自分らしくいるためにどうすればいいのか、自分らしさが認められる世界の素晴らしさみたいなものを、毎回ぼんやり考えさせられます。

というか、なんで今3D再映画化なんだろう?
そもそもこの元ネタ短編って、グロ指定つけられてディズニーにお蔵入りにされたやつだったんじゃ…(^^;)
当時、アメリカ人てグロに厳しすぎる!って思いながら見た覚えがあるんですが(笑)、3Dにしちゃってどうするんだろう?バートン監督自身が「もっとお金があれば…」って言っていたらしいので、「お金ができたから本当のウィニーを作り直すのは今だぜ!」ってことなのだろうか?

でもやっぱり、ちょっと見てみたい気がします。
クリスマス時期に大事な人と見て、ほんのりってするのにとてもいい映画なように思います。
家族じゃなくてデートにも向いてるよ!
(『ナイトメア…』当時、現在の夫と見た私が語ってみる)

…… でも、どうせなら「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」を素直に3Dにすればよかったんじゃないの?
posted by 都野兎 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

「さよなら子供たち」を見た!

IMAGICA BSで、夜中「さよなら子供たち」をやっていたので、寝るタイミングをすっかり外しています。

時代は第2次戦争中、ドイツ占領下にあるフランス。陰鬱なヨーロッパの冬を連想させる彩度の低い色調で、カトリック修道会付属の寄宿制男子校での日々がつづられていきます。
ユダヤ人であることを隠している少年、そのヒミツを共有する主人公。
別れの日彼らは、どれくらいその行方を、40年後を思い描けていたんだろう。
温度感が感じられない茫洋とした映像は儚い透明感が満ちていて、あの年頃の少年たちの美しさが際立つようでした。

それにしても、フランスの少年少女映画は、どうしてこうとんでもない萌製造機なのか?
「ポーの一族」で育ち長野まゆみを愛読した世代なので、「ヨーロッパ」「寄宿舎」「制服の少年」って揃えられると素通りができないだけなのか?

タグ:テレビ
posted by 都野兎 at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。