2013年03月31日

今更ですが…share a Coke and a Songが楽し懐かしくて(*´∀`*)

私は所謂コーラ中毒というやつで、全身の血コレ全てコカ・コーラなんじゃねえの?っていうくらいに某麦わら海賊団の機械の人くらいコーラを飲むんですが、今、コカ・コーラさんはshare a Coke and a Songっていうちょっと素敵なキャンペーンをコーラがしでかしてくださっているので、PC作業のBGMがとても充実しております。ありがたいです。
それで、コーラを買うたびに「この年はもう取ったかしら?!」とラベルをマジマジ見ております。

とりあえず、まずは家族の生まれた年を集めるよね。

で、私の生まれた年なんですけど、ああ、こんな歌が流行っていたんだ〜(*´∀`*)と、改めてしみじみしました。

実際には人間、まさか生まれた瞬間から耳に飛び込んできた曲を知っているということもないので、多分そこそこ大きくなってから聞いたんだろうと思うのですが、意外に耳になじんでいる曲が多いんですよね。
そういえば、昔は「10年ひと昔」でした。だから、10歳になるくらいまでは、それらの曲を割りと聴いていたのかもしれません…。

幼稚園児だった頃、向かいの家にアフロのすごくオシャレなカッコいい大学生のお姉さんが住んでいて、毎週日曜日の朝はラジオを掛けていて、それが天気のいい日は開けた窓伝いに流れてくるのを聞きながらご飯を食べていたのを思い出しました。お姉さんはいつも英語のラジオを聴いていました。テレビで普段見ているアイドルの歌や演歌とは全く違った英語の歌のリズムは、幼心にそれはそれはとてもカッコよく思えて、ワクワクしていたのを覚えています。
だから、パパス&ママスとかカーペンターズとか、ボブ・ディランとか、そんな歌が、私がはじめて覚えた英語の歌でした。
もっとも当時は誰が歌っているのかもよくわかっていなかったんですが…
そんな懐かしい歌がいっぱい入っていて、本と懐かしい。

今は「半年ひと昔」くらいの勢いで音楽が流れすぎていくように思います。
好きな歌もどんどん変わって通り過ぎていっちゃう。
それがいつの間にか普通になっていることに気づいて、ちょっと寂しい気がしました。

そんなことを考えながら聞くLike a Rolling Stoneは、ちょっぴり甘切ないです…

ところで、このshare a Coke and a Songキャンペーンですが、3つまで無料でアクセスキーがもらえます!
気になる3年分の音楽が聴けるの。
ちょっと親切!
タグ:懐メロ
posted by 都野兎 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353477719

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。