2012年11月29日

自転車日和|見沼たんぼでSF気分にちょっぴり浸ってみる。

この間の日曜日、お天気がよかったので近所をチャリチャリしてきました。

minuma1211252.jpg
裏の畑へ降りて、芝川を渡ります。
芝川には1年を通して何かの渡り鳥が来ているんですが、この日は遠くに白い鳥が1匹見えただけでした。
距離的にiPhoneのカメラでは撮影できなくて残念でした。

車の気配には気を配りつつのんびり行きます。
見沼たんぼの畑の中の道は思ったより車通りが多いです。
道を知っている人には122号から大宮バイパスまで一直線に抜けることができるからでしょう。
頻繁に事故が起こるほどではありませんが、事故った時には意外な大事故になることがあります。
以前見かけた事故では、車が5メートルくらい吹っ飛んで、轍も何もつけないまま唐突に陸稲の畑の真ん中に埋まっていました。ちょうど道端から大きな何かが車を畑に投げ込んだみたいな感じです。
ミステリーサークル並みの余りの見事な着地っぷりに、申し訳ないけどちょっと笑いました(笑)

私の自宅裏手の辺りは、見沼たんぼと言っても名ばかりでほとんどがただの畑です。
作られているものは、貸し農地などもあり季節の野菜が多いのですが、ところどころ植木屋さんが植木を育てている区画があります。
同じ木が等間隔に並んで生えている植木畑の独特な雰囲気がとても好きです。
公園や庭のように眺めて楽しむものではないし、かといって林や森とも違うし、人工的に自然を作り出すための道具を作っているところのようにも思えて、似非SF心がワクワクします。

minuma121127.jpg
見沼田んぼの中から見ると、さいたま新都心はなんとなく不自然です。
畑の田園風景の中にニョキっとビルが生えています。
人がいなくなる時代が来たら、こんな景色が世界中で見られるようになるんだろうか…などと妄想を膨らませつつ、ポタポタ自転車を走らせます。

minuma121125.jpg
芝川に沿って、たくさんの人が歩いていました。
さいたま新都心出発の健歩大会が開催されていたようです。
あそこを歩いている人たちにとっては、すごく田舎に来たみたいな気分なんだろうな…
なんとなく不思議な感覚です。

minuma121123.jpg
誰に求められるわけでもなく、ドウダンツツジやイロハモミジの若木が紅く綺麗に色づいていました。

ところで、自転車でうろうろすることをポタリングって言うんですね。
ポタリング(pottering)とは、自転車又はオートバイであちこちを気楽にでぶらつくことである。主に、観光名所めぐりなどに自転車を用いる「散歩」的なサイクリングをいう。散走とも言う。

potterは、putterと同義語であるが、主として英国でつかわれる。 putterは“to move or act aimlessly or idly” 出典はMerriam-Webster Online辞書。“目的もなくゆっくりうろつく”という意味の英語。しかし、それほど頻繁に使われる言葉ではない。
wiki

以上、wikipedia先生「ポタリング」からでした。

そうかちゃんとした英語だったのか。
「ポタポタ走るから?」って思ってたんですが、そんな擬音語はないと友だちに言われました。
でも実際私の走りはポタポタしていると思います(笑)
posted by 都野兎 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/304351241

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。