2012年11月25日

土曜日はパン屋に出かけ日曜日にはパンを食べる

taro12112301.jpg
畑のコウボパン『タロー屋』さんにまた行ってきました。
今回はちゃんと予約をして行ったので、安心して、少しゆっくり行ってみました。10時半近くになっていたのですが、まだパラパラと人は途切れず訪れ続けていて、やっぱり3人程待ってからパンをいただくことができました。
店頭では、今予約受付中のゆず酵母のシュトレンの試食をさせていただきました。
寝かせてから食べた方が美味しいといわれるシュトレン、昨日焼いたばかりのものだということでしたが、一口食べると口の中にスパイスのいい香りが広がって、十分おいしかったです。食べ終わった後ほんのりとゆずの残り香が広がっていき、とても爽やかな後味でした。

taro12112303.jpg
taro12112304.jpg
今回は、りんご酵母とカナダ産のオーガニックライ麦粉のカンパーニュすりつぶしラ・フランス酵母の食パンをいただいてきました。
taro12112302.jpg
それから、ずっと気になっていたキンモクセイ酵母のリュスティックを手に入れることができました。
とてもうれしいです。
きんもくせいの香りがするのかしら・・・と思っていましたが、そんなことはなく、普通にとても香ばしいいい匂いがします。
でも今回で今期分はもう最後だそうです。買えてよかった!

どのパンもとても味が濃く、噛めば噛むほど甘くて本当に美味しい。
最近は、野菜も花も季節に関係なく手に入るようになってしまったので、こうして酵母の種類で季節の移り変わりを感じることができるのもとても素敵なことに思えます。
ラベル:北浦和 パン SHOP
posted by 都野兎 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。