2012年10月30日

ダイナミック・フルーツさんがやって来たの〜DS-MAXって何だろう?

仕事がないのでぼんやりーとしていたら、ピンポーンとチャイムが鳴って、インターホン覗いたらガタイのイイ若いイケメン風お兄さんが箱担いで立ってる。
ちょうどネットからある品を取り寄せしているところだったので、配達に来てくれたのかと思って何も考えずにドアを開けてしまいました。

・・・ら、「果物を売ってるんですがいかがですか?」

「そこまで配達に来たついでに、ご近所を回ってます」って、マニュアルどおりの訪問販売トークが炸裂したので、どうしようかなって思ってるうちに目が相手の持った箱に行っちゃって、「ロザリオ・ビアンコ」ってパックされた美味しそうなぶどうが並んでる……
私、果物好きなんですよ。
私、イケメンも好きなんですよ。
しかも、うっかりおにいさんの薬指に指輪が光ってるのに気づいちゃった…。
私、家族のために頑張る人にも弱いんですよ…

結局、ぶどうと洋ナシを買いました(笑)

でも、そういう訪問販売だの電話セールスだのって、会ったら調べないと気がすまないの^^;

で、ぐぐったら出る出る出る出る!wwww

ほんと、このダイナミックフルーツさんを調べると、ちょっとかわいそうになるくらいロクでもない記事ザックザクなの。そんなにアイツが悪いのか?って聞きたくなるくらいにてんこ盛りなの。
特に、同じ1つの記事だけ載せていくつものブログを開設してる人とかいて、相当に根深いみたい……
(というか、ぶっちゃけそのブログの方は「続く!」の続きを書けばいいのにと思った(笑))

と、中で私のような人が他にもいらっしゃるのを見つけました。
で、こちらの記事とコメント欄はとてもためになったのでご紹介させていただきます。

気の向くままに ~As the fancy takes one~「訪問販売で買った」の記事

ほほぅ。
DS-MAX』という商売のやり方なんですか。

以下、『DS-MAX』についてwikiから転載

DS-MAXは、提携する独立採算制訪問販売会社に商品を委託する卸売会社であり、北米・南米・ヨーロッパ・アジアに点在する巨大企業。各国の提携卸売販売会社・訪問販売会社をコンサルトして多大な業績を挙げる。 フランチャイズではないため経営権の売買等はできず、参入するにはダイレクトセールスから始めないといけない。 現在、日本では「正社員」募集で求人をかけ、実際には委託業務しか採用しないという方法が問題視されている。 委託業務員に対しても、違法な拘束を行っている。


どうやらカナダ発祥のマルチ、ネズミ講みたいですね。
DS-MAXって親会社があって、そこの下にダイナミックフルーツって組織があって、さらにその下にさらに小さな会社〜うちに来たおにいさんが勤めてるような会社が目白押しになってて、さらにその下に町を走り回る訪問販売員がいるっていうわけね。

あれね、マフィアで言ったら、DS-MAXってドンの配下、ダイナミックフルーツってアンダーボスが居て、複数のカポ・レジームの率いる二次組織であるおにいさんの会社があって、ソルジャーであるおにいさんたちが箱抱えて果物売って回ってる・・・と、そういうことなのね!

なるほど渡される領収書が色んな会社の名前になっているわけだ。

…・・・ああっ……なんか切ない……!!!
じゃあ、あの果物の重たそうな箱を担いでがんばってたおにいさんはただの鉄砲玉なの?
全然儲からないかもしれないの?!

ぶどう・・・美味しかったです。めちゃくちゃ美味しかったです。
こんな美味しいちゃんとした商品があるのなら、まともな販路を考えればいいのにと考えちゃうのは素人だからなんでしうか?

頑張れ、おにいさん。
ロザリオ・ビアンコは間違いなく美味しかったぞ。房もばらけてないしとてもキレイだったし。
洋ナシは「1週間置いてね」って言われたからまだ食えないけど。

ロザリオ・ビアンコ1房とラ・フランス7個で2000円でした。
近所のマルエツで買うよりは遥かに高かったです。
伊勢丹で買うよりは若干安いかなって感じでした。

私は、もしあのおにいさんがこれからも頑張るっていうのなら、また買ってあげたいなと思いました。

とりあえず、ダイナミックフルーツだけど、ここの会社の商品には私は納得したよということで、ちゃんとまともな商売を続けて販売員の方たちの頑張りを評価してあげて欲しいという意味も込め、先のブログにならいいい意味での企業紹介をしておこうと思います。

ダイナミックフルーツ
株式会社エキシビジョン
代表取締役 栗原 利明
埼玉県さいたま市大宮玖宮町3-11-4 マルカン大宮ビル3階
TEL 048-650-0909

まじめに頑張る人がそれなりの報酬をもらえるようにちゃんとなればいいのにね。
ラベル:SHOP モヤモヤ
posted by 都野兎 at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
各地に出没してるんですね
参考になりました。
ありがとうございます

マルチ商法?というのは分かりませんが
八百屋さんは薄利多売商法のスーパーやコンビニに押されている部分もありますし、新たな風を起こすかもしれませんね
今後に期待です。

ちなみに下請け孫請というのはどこにでもありますよ
トヨタの下にいくつもの企業があるように

Posted by ぴーしー西谷 at 2014年01月17日 12:53
かなり以前のものですが、危機感を感じたので
こういった労働マルチ商売、というかその他のマルチ全般に言えることですけれど、商品が良いなんて考えてみれば当たり前なはずですよ
各生産者が良い商品を競って生み出している中で、「良い商品」なんて市場に無数に溢れています。生産者が誰かどこで生産されたのかを知れる形でより安く商品を買うことの出来る機会は他にたくさんあるでしょう。
そしてこの労働マルチの例では在庫処分品を買い叩いてそれを適当に付けた値段で売っているだけで、そしてその過程で売り子さんを搾取しているわけですから。
イケメンお兄さんのためには買わずにおいてお兄さん自身が搾取されていることに気付いて転職するのを期待した方が良かったかと思います。
Posted by at 2014年09月14日 07:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。